緊急地震速報 試験・訓練

気象庁 緊急地震速報 訓練報について
気象庁は毎年、11月5日頃 「津波防災の日」 に緊急地震速報訓練報の配信を行っていますが、実施が確約されている
ものではないのでご注意下さい。
気象庁の訓練報では、日本中のどの地点であっても、概ね震度4以上になるように、緊急地震速報が配信されます。
例えば、ある場所では震度5強、ある地点では震度5弱、他の地点では震度4というように、機器が設置されている場所により
震度が異なります。
また、猶予時間もスーパードラゴンの設置場所により異なります。

※テスト配信により、接続されている各種機器が非常動作(又は非常停止)します。
※接続されているスピーカーから音が出ます。関係部署さまへの事前通知をお願いします。
※屋外スピーカーからも音声が出ます。近隣住民さまへのご配慮をお願いします。

訓練報のお申込み
気象庁の訓練報を受けるためには、参加意向確認書のご提出が必要となります。
訓練報の実施日時が確定したら、お客様にメールにてご連絡させていただきます。

本体の設定について
気象庁の訓練報を受けるために、本体設定などを変更する必要はございません。

気象庁訓練報の発報音声パターンについて
気象庁訓練報を受信した場合の、スーパードラゴン発報音声パターンはコチラを参照して下さい。
緊急地震速報
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
J コーポレーション
すーぱーどらごん デジタルなまずの究極の進化
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
スーパードラゴン デジタルなまずの究極の進化
気象庁 訓練報を利用して防災訓練・試験放送を行う

気象庁 緊急地震速報  訓練報

緊急地震速報
気象庁 訓練報